こどもの朝ごはん

あったかいお味噌汁とご飯、納豆にアジの開き・・・そんな朝の食卓にしたいと前々から思っているものの、どうしてもバタバタとしてしまい結局パンとフルーツ、目玉焼きがほとんどになってしまう我が家の朝ごはんです。

わたなべ木工のパン皿は毎日のように使っているのでだいぶ油が馴染んできました。最近大活躍しているのがそばがき碗や汁碗といった深めのお碗です。離乳食でもおかずでもフルーツでも、多めに入れられるので大変便利です。ミルクの入ったカップはバーナード・リーチのお孫さんが作ったもの。日本民藝館に行った際に買いました。子供の手にはちょうどいいサイズです。

こどもにとってはどうでもよいことでしょうが、やはりプラスチックを使うよりも手仕事のうつわで朝ごはんを出し、一日のはじまりをあたたかい食卓で過ごして欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。