小鹿田焼の大鉢

先日もやい工藝に行った際、小鹿田焼・坂本浩二窯の大きな鉢が飾られていました。勢いのある打掛けが大変力強く、美しい鉢です。

26422998774_27a930b76d_z

大皿はよく飾られていますが、このぐらいの大きさの鉢は、あまり見ることがありません。実はこちら、友人が洗面鉢として注文したものなのです。鉢の中央に専門の道具を使って穴を開け、洗面台に設置して使用するために注文されました。友人がひとつ選び、残りのふたつがお店に並んでいます。

26995264936_ac8fc2459f_z

裏側には飛び鉋が施されています。高台が付いているので器としても使えます。

もともと小鹿田は大物づくりからはじまった窯ですが、今では需要が減り小さな雑器類がほとんどになりました。使う人がいなくては、伝統的な大物づくりを継承する人もいなくなってしまいます。私たち使い手が大物を暮らしの中に取り入れることで伝統は残っていくかもしれません。機会があればもやい工藝に置かれている、大きな睡蓮鉢や壷をぜひご覧ください。もちろん注文していただくことも可能です。

小鹿田焼・坂本浩二窯

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。