「育てる」パン皿

お待たせしました!わたなべ木工・ケヤキの白木パン皿が再入荷しました。

白木のパン皿は無塗装、自然のままの木を使っています。木のあらゆる部分で木どりをしているので、木目も色も様々です。明るめのもの、暗めのもの、柄のような木目のもの、まだら模様が入ったもの…

29770999231_026aea75db_z

写真は我が家で1年半ほど使ったパン皿たち。右側の木目の目立つものがお気に入りです。

最初の色が分からないくらい飴色に近くなってきました。
朝ごはんでトースト&目玉焼きをのせたり、フルーツやおやつをのせているせいでしょうか。色がどんどん変わります。

塗装をしない木は呼吸するので歪みやすく、使っていくと多少変形してきたりもします。
また、水に漬けておくことはできません。かたく絞ったふきんで拭くか、ささっと水で流してから拭き、しっかりと乾かしてください。私はいつも水気を絞ったアクリルたわしでさっと汚れを落とし、ふきんで拭いてから乾かしています。
そんなちょっと手のかかるパン皿ですが、慣れてしまうとそれが当たり前になってきます。

この世にたった一枚のパン皿を育ててみませんか?
毎朝パンを食べるだけで簡単に育ちます。

富山県 わたなべ木工・ケヤキの白木パン皿
※好きな木目を選ぶことはできません。ご了承ください。お送りするものの木目を確認したい場合はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。