新年のもやい工藝

先日鎌倉もやい工藝に行き、年明けの店内を見てきました。
入り口には小鹿田焼がずらりと並んで出迎えてくれます。

正面の棚には力強い大皿も。ライトで反射してしまいましたが、実際はもっと落ち着いたいい色です。


今回並んだのは黒木昌伸さんのもの。還元焼成で白がグレーに変化したものに面白みを感じます。裏側も味がありますね。

こちらは小さな湯呑み。鉄分がはっきりとした線を見せ味わい深いものになっています。登り窯ならではの表情です。

昌伸さんの器はとても自然でさりげなく、どんな器にも合わせやすいのが特徴です。伝統を踏襲したものをしっかり作ってきたために、新しくチャレンジしたものにも落ち着きがあります。

ピッチャーがとてもいい色です。昌伸さんのピッチャーはやや胴が細めなのでハンドルはもう少し緩いカーブの方がバランスは良くなると思いますが今後どのように変化していくか、ますます楽しみです。


縁に線を巻いてあるだけのとてもシンプルな器なのに、しみじみ「いいなあ」と感じる美しさは、昌伸さんの人間性が現れているからだと思います。日々努力を積み重ね、小鹿田焼をより良くしたいと頑張っている素晴らしい陶工さんです。

前回入荷した際に私が購入した器がまた並んでいました。縁付きで程よい深さのある使いやすい6寸皿です。

これから小鹿田の他の窯も徐々に店内に並ぶそうです。どうぞご期待ください。

新年のもやい工藝” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。