秋田・星耕硝子の器が入荷しました

先月に続き、秋田より星耕硝子が入荷しました。今回はワイングラスを中心に小皿や人気のオリーブオイル入れなど。
気がつくと品切れになってしまうので早めにご紹介します。

今回、はじめて緑色の珠足ワイングラスが入荷しました。以前は青色を注文していたのですが、春には薄いグリーンに白ワインがとてもよく似合うなあ、と思いこの色にしました。落ち着きがありどんな器にも合います。ワインだけでなくぜひ日常使いでお水も飲んでいただきたいです。

以前から注文していた紫色が追加で入荷しました。紫はどっしりとした印象ですが、明るい場所で見ると透明感があってとても綺麗な色です。ピッチャーとワイングラス、どちらもさざ波のようなモール模様が入っていて美しいですね。写真のピッチャーはおかわり1杯分にちょうどいいので水やジュース、ワインを入れて食卓に。

シェリーグラスとプレーンワイングラスもございます。クリアはすっきりとした印象で、吹きガラスの質感をそのまま感じられます。

サイズはそれぞれ違うのですが、どのタイプのワイングラスもカップ部分、足、底3箇所のバランスがとても良く、それが使いやすさと見た目の美しさにつながっています。吹き手である伊藤嘉輝さんの技術の高さももちろんですが、心のありようが美しさに現れているのだと思います。作家として一つの作品を作り、高価な値をつけるのではなく、暮らしの中で使えるものを作り続ける伊藤さん。その姿勢が映し出されているような、夜空に小さく煌めく器たちです。

まずひとつ、買いやすい小皿も入荷しました。影にも色が付いて明るい場所に置くととても綺麗です。オリーブオイル入れの受け皿としてもおすすめしていますが、菓子皿としてゼリーなどをのせたり、角砂糖、おつまみをのせたり、アクセサリーを置いたりと色々な使い方ができそうです。

丸いつまみが可愛らしい蓋物。色と形が違うと印象も全く異なります。これからの季節は果物のシロップや野菜の酢漬けを入れるのも良いですね。

お一人で吹いたとは思えないデザート鉢。もやい工藝で目にして以来、moyaisでも注文するぞ!と心に決めてようやく念願叶いました。伊藤さんの吹くガラスに見慣れてしまうと吹きガラスがいとも簡単にできてしまうかのような錯覚を起こしてしまうのですが、スタジオガラスというたった一人で全ての工程をこなすスタイルがどれだけ大変なことなのかを思い出してハッとします。

次の入荷は秋になる予定ですので、夏に向けこの機会にぜひご検討ください。

星耕硝子(秋田県)

秋田・星耕硝子の器が入荷しました” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。