うつわを継ぐ

我が家では、割れたり欠けたりしたうつわを保管し、いくつかたまると修理に出します。

金継ぎが一般的ですが、日用雑器として使うものにあまりお金をかけたくないので、ほとんどは色漆で修理してもらいます。

やちむん の小皿。淡い色に合わせて薄茶色の漆で直してくださいました。

やちむんのマカイ。子供が割ってしまうよりも、実はお皿洗いの時に大人が割ってしまうことが多いです。

縁が欠けてしまった森山窯のマグカップもこの通り。僅かな欠けであればそのまま使ってしまうことも多いです。

また使えることが本当に嬉しく、一層愛着を感じます。
修理をするたびに、日本の「継ぐ」という仕事は本当に素晴らしいと感激し、いつか自分で直せるようになりたいと思うようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。