森山窯・白覆輪急須

鎌倉もやい工藝で「とにかく使いやすい」と聞いてから、ずっと使ってみたかった森山窯の急須。先日購入し、やっと使うことが出来ました。

持ち手がしっかりとしていて、とても安心感があります。今までの急須は傾けると蓋が落ちてしまうこともありましたが、森山さんの急須の蓋は一段深い部分に収まっているので、熱い蓋をおさえる必要がありません。

修行していた時に河井寛次郎さんから教えられた、「いいつくり手よりもまず立派な人間になれ」という言葉を大事にして、仕事に取り組んできたという森山さん。その心があらわれた、美しい急須です。

21315527273_482d812faf_z

急須:島根・森山窯
湯呑み:愛知・瀬戸本業一里塚窯
茶托:島根・森山ロクロ工作所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。