瀬戸の石皿

昨日は唐津の粉引のお皿の写真をUPしましたが、本日は瀬戸の石皿です。
こちらは灰釉を用いており、同じ白でも、瀬戸のように真っ白ではなく、やや黄味と薄く緑がかったあたたかみのある色をしています。表面は貫入(釉薬と素地の圧縮率の違いによりできる細かいひび)が無数に入り、味わいががあります。今日は刺身の写真ですが、炒め物でも良いですし、トーストをのせるだけに使うこともありますし、色々と使えて便利ですよ。

(グラフィック社の民藝の教科書にも掲載していたものですが、値段が異なるのはその当時の値段から少し値上げしているためです。現在このように作るのに手間がかかるものであったり、少量しか作らないものは、この石皿に限らず値上げの傾向にもあります。)

瀬戸の石皿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。