大日窯のそばちょこ

もやい工藝に通い始めた頃、大日窯のそばちょこでお茶を出していただき、うちでもこうしてお茶を出したい!とすぐにそばちょこを数個買い求めました。一番最初に買った手仕事の器の一つです。

それ以来、このそばちょこを使わなかった日はありません。お客様に出すときはもちろん、子供でも持ちやすく丈夫で割れにくいため、1歳の娘も毎日使っています。おかげでプラスチック製のカップを使う必要がなくなりました。

27607616812_bb22d9eb19_z

磁器は絵付けが注目されますが、かつては線を引く人、枝だけを描く人というふうに絵付けも分業で行っていました。ひたすら同じものを描く。それが良いものを生む理由の一つでしたが、現在はひとりの職人がすべての絵付けを担当しています。

そのような流れのなか、「絵付けをするのであれば、最小限の絵付けをしなさい」という鈴木繁男氏の助言もあり、久野恵一さんは格子紋様や線描き紋様といったシンプルな器をプロデュースしてきました。なかでもあえて絵付けをやめた白磁そばちょこは大日窯の新しい定番となりました。

あまり磁器を使ったことのない方にも、ぜひ一度使っていただきたい器です。

佐賀・有田焼大日窯 細そばちょこ
島根・森山ロクロ工作所 縁線描4.5寸茶托

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。