梅山窯のバターケース

愛媛県砥部焼の青が美しいバターケース。
もやい工藝で見たときに一目で気に入り、我が家でずっと使っているので、皆さまにもおすすめしたくて注文しました。

江戸時代、伊予郡では地元の山から産出される砥石「伊予砥」の生産がさかんに行われていました。切り出す際に出る砥石屑の処理に頭を悩ませていたところ、砥石が磁器の原料となることを知った当時の藩主・加藤泰侯が磁器の生産を命じたことにより砥部焼が誕生しました。 砥石屑の再利用のために、という日本人の勿体無い精神を象徴するような成り立ちにも心惹かれます。

29566266566_abbebe1d9f_z

通常サイズのバターがすっぽり収まります。バターナイフも大抵のものは入ると思います。
我が家ではそのまま冷蔵庫に入れ、朝食のとき食卓に出しています。

29519698521_1b7390e8a5_z

ぬくもりある白磁に藍色の染付けが特徴の砥部焼は、とても丈夫で他の産地の磁器に比べひびや割れが入りにくいといわれています。原料が砥石なのですから、その丈夫さは保証つきです。こちらのバターケースは、一見鮮やかなブルーですが、濃淡のある渋い色で、開けた時の白い部分とのコントラストがとても綺麗です。

28976935143_dd93b3db05_z
よく見ると、手で描かれた縦の線が細かく入っているのがわかります。横にはバターナイフ用の穴が開いています。お箸も入るので、お漬物や煮豆などを入れてそのまま食卓に出すのも良さそうです。
小さめのバターケースも可愛らしいですが、どっしりと重みがあり、家族で使うにはこのくらい大きい方が便利かもしれません。

29566287226_4a43b52f89_z

裏側には「梅」の一文字が。字体にも温かみを感じます。

バターケースはなければないで済んでしまいますが、あるととても豊かな気持ちになりますので、ぜひ使ってみてください。

砥部焼・梅山窯バターケース(愛媛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。