森山ロクロ工作所の急須台

朝日新聞の「そばに置きたい」で、もやい工藝の前オーナー・久野恵一さんが紹介したケヤキの急須台が入荷しました。一足先にもやい工藝で写真撮影をしてきました。ちょうど「倉敷本染手織会 作品展」開催中で布がたくさんあったので、器と布のコーディネートも楽しんでみました(現在作品展は終了しています)。

急須台のサイズは大(4.5寸)と小(4寸)の2種類ございます。上の写真は磁器の急須をのせた大きいサイズ。木のぬくもりが磁器に柔らかさを与えてくれます。
大きめの急須ですがまだ余裕があります。

29916433060_c640e0864b_z

こちらは小鹿田焼の土瓶をのせた小さいサイズです。とてもシンプルなので、特徴ある柳瀬朝夫さんの土瓶もおおらかに受け止めています。

30212220705_f4defd5361_z

急須や土瓶だけではなく、ティーポットも置くことができます。
やちむんの可愛らしいポットにもよく合っていますね。

熱い急須やポットをそのままテーブルに置いておくと、跡がついてしまうので布を敷きますが、「どんな急須にも合う布」を探すのはなかなか難しいものです。その点、この急須台なら心配ありません。

急須台として使う以外にも、瓶に入ったゼリーやプリンなどをのせる木皿として使うこともできます。小さなお子さんのちょっとしたおやつをのせるにもちょうど良いサイズです。

30127240621_61a50f8567_z

写真のように木目は一つ一つ異なります。わたなべ木工のパン皿と同様、綺麗に揃った部分だけを使うのではなく、自然の木目そのままを生かしているところに良さがあると思います。もしご希望がありましたらお問い合わせください。

森山ロクロ工作所・急須台(小・4寸)
森山ロクロ工作所・急須台(大・4.5寸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。