黒木昌伸さんの黒飛び鉋

以前から黒木昌伸さんの飛び鉋の施されている黒いうつわが好きで、マグカップやスープカップ、湯呑みを持っています。

ほかの色にはない渋さがあり、飛び鉋がさりげなく入っている感じが気に入っています。

先日もやい工藝に行った際、いろいろな窯のうつわが並んでいる中に、ひとつだけ昌伸さんの黒飛び鉋の湯呑みがありました。手に取ると、いつも見るものと印象が異なります。私が持っているものは、触ると飛び鉋の刻みがはっきりと指に感じられ、釉薬の色は安定感のある黒です。

30583193082_d4dcde6c00_z

ところが見つけたものは、表面がつるっとしていて、飛び鉋はうっすら見えるものの、感触はありません。たっぷりかけられたと思われる釉薬はところどころ青緑色に変化しており、面白い表情です。

お店の方に聞いて見ると、実は最近お店の奥から出てきただいぶ前のものだそう。

30663345616_be75faf5c6_z

30611936841_bd386507b9_z

家に帰って並べて見ると、大きさもだいぶ違います。

このような小さなものであっても、面白い上がりのものを見逃さずに選んでいるもやい工藝の「美の視点」を感じることができました。何よりたまたま伺った際にそういったものを見つけられたのが嬉しかったです。

まだ入荷は先になりそうですが、moyaisでも「黒飛び鉋」をお願いしているところです。どうぞお楽しみに。

小鹿田焼(大分)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。