出西窯の魅力

先日まで鎌倉・もやい工藝にて行われていた「あったか展」では山陰の窯のうつわがたくさん並びました。中でも興味をもったのは出西窯でした。

これまで出西窯というと人気があって、モダンで、デザインの要素が強い窯というイメージでした。扱っているお店も多いため、moyaisではそんなに積極的に仕入れてもいませんでした。

ところが、もやい工藝に置いてある出西窯を改めて見てみると、すごくいいなあ、と思うものがたくさんありました。それはおそらく久野恵一さんオリジナルで注文したものが多いためでしょう。これまで出西窯のうつわに感じていた画一的な印象はなく、それぞれに違う表情があり、あたたかみを感じたのです。

31106235060_696c7b12e9_z

31331021632_2613340796_z

掛分けが大胆ながら素朴な湯呑みです。デザイン寄りの印象がある意匠でも、色の出方や組み合わせ方によって大変味のあるものに感じます。

30635882364_777ea16177_z

こちらは「シェーカー鉢」と名付けられた端反りの鉢です。松本民藝家具の創始者である池田三四郎氏がもっていた、アメリカ建国時のシェーカー教徒がつくった切立った鉢を、久野恵一さんが見本として出西窯の多々納真さんに見せ、注文したものです。自然でやさしい白と曲線に温もりを感じます。

30635931774_496a5a506f_z

こちらはmoyaisでも扱っている素焼きのカップです。均一ではない焼き色が手仕事ならではで、使うほどに愛着がわきそうです。

出西窯・白素焼きマグカップ

30635963654_8b15ea2dbd_z

しっかりと重みのある縁付き皿は、段差がつく部分に釉薬が溜まる作用で濃淡が現れ、とても美しいですね。

30635989074_2554fb61f1_z

前回の「黒いうつわ、いろいろ」の記事でもご紹介した黒釉のマグカップです。窯の中での置かれた場所などによって色味がひとつひとつ異なります。だんだんとこういった面白い仕上がりのものに目がいくようになってきました。

今後moyaisでも久野恵一さんが提案したものを中心に選んでいければ、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。