龍門司焼が入荷しました・その2

引き続き、龍門司焼のご紹介です。

今回入荷した中で一番気に入っているのが三彩点打ちの壷です。

31317432524_0ef60c4d7c_z

これまで龍門司で見た三彩点打ちの壷は、飴釉と緑釉がとても淡い色でふんわりした印象でしたが、今回入荷したものは発色がよく、緑釉の鉄分が浮き出て金色がかっている部分がとても綺麗です。点打ちが龍門司独特のやさしい化粧土の色を引き立て、見ていて心が落ち着きます。

龍門司焼・蓋付小壷(三彩点打ち)

32040859551_25b23a0aa6_z

こちらは前回龍門司を訪れた時に見て、ぜひ仕入れたいと思ったお皿です。黒釉のお皿は縁が素焼きになっていて、渋さがありながらもモダンな印象です。もう一つは三彩が美しく、縁の二重線がアクセントになっています。少し深さがあるのでおかずやお菓子をのせるのにちょうど良さそうです。

龍門司焼・黒釉青流5寸縁付き皿
龍門司焼・三彩5寸縁付き皿
32158926565_b4ca471ba8_z

龍門司定番のコロ湯呑みです。高台がやや狭いので、胴の丸みが強調されてとても素朴なやさしい印象を与えています。
龍門司独特の白い化粧土や、釉薬を掛ける時に持った指の跡に手仕事の美しさを感じます。

龍門司焼・コロ湯呑み

釉薬や陶土など原料のほとんどを地元で調達している龍門司焼。現代において、このような昔ながらのやり方で組合を維持しているというのは大変稀なことです。このような形態や仕事を続ける職人さんたちの心が映し出されているような素朴で平穏無事な龍門司の器。ぜひ一度使ってみてください。

龍門司焼(鹿児島)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。