もやい工藝で見つけたもの

先日もやい工藝に行った際に、気になったものを書き留めます。

上の写真は小鹿田焼・黒木昌伸窯の深茶碗です。来年のお正月はこの深茶碗でお雑煮やお汁粉を食べてみたいです。汁碗としてもいいですし、小鉢としても。素朴な小鹿田焼のよさが伝わってくる形です。

32397564175_77a9ff9729_z

出西窯の縁に釉薬が掛けられたシンプルな鉢です。こんな風に三色並んでいると可愛らしく、思わず撮影しました。

31555059204_1c27cdf70b_z

正面の棚にはカップ類がたくさん並んでいました。小鹿田、やちむん、出西。色もかたちも様々。お互いを引き立てあってどれも欲しくなってしまいます。

32247298992_be60ece2a8_z

ガラスの棚を覗くと、初めて見る小さな蓋物がありました。これはいいな、と思い聞いてみると三浦海岸にある「手仕事いろいろ三浦ストア」の別注品で、手作りジャムを入れるための瓶だそうです。手仕事いろいろ三浦ストアは三浦の新しい手土産を提案して作り、販売する素敵なお店。別注なのでmoyaisでの注文は残念ながらできませんが、時々もやい工藝にも並ぶとのことです。

新年の賑わいが落ち着き、ゆっくりと時間が流れる鎌倉。
月末からはもやい工藝で「小鹿田焼の会」が始まります。詳細はまた後日お知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。