ケヤキのバターべら

宮島工芸のバターべらを使い始めたのは何年前だったのか…思い出せませんが、3年くらい経っていると思われます。

はじめは白木にうっすらと木目が見えていましたが、今ではすっかり色が濃くなり木目も目立つようになりました。

32702753785_ba830b3d23_z

バターと手に触れる部分が一層濃くなっています。どのように働いているかが一目でわかる手仕事の道具。使うたびに変化していくのが楽しく、使うほどに愛着が湧きます。軽くて握りやすいので、もう他のナイフは使えません。

柄のしっかりとした、同じ宮島工芸のさくらのバターべらも使ってみたいのですが、こちらで事足りてしまうのでなかなか買い足すことが出来ずにいます。

場所を取らないのでキャンプなどに持っていくのも良さそうです。

宮島工芸・バターべら(ケヤキ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。