伊賀焼のご飯入れが入荷しました

伊賀・カネダイ陶器のご飯入れ鉢(おひつ)が入荷しました。

炊けたご飯を入れて食卓まで持っていくことのできるおひつ。最近ではあまり使われなくなりましたが、陶器のご飯入れは木のお櫃よりも手入れが簡単で色々な使い方もできます。

余ったご飯を鉢に入れ、冷蔵庫で保存し、そのまま電子レンジで温めて食べることができます。温めると蓋の裏側についた水分が戻りふっくらご飯になるそうです。
蓋を取ればオーブンで温めることも可能で、グラタンやケーキなども作れます。

今回は1合~1合半サイズと2合~2合半サイズ、それぞれ2色入荷しました。

6_000000001129

1合~1合半サイズは黒と線入りの白。
黒は艶が美しく、モダンな印象があります。一人暮らしの男性にもおすすめです。
裏側の素焼き部分も味があり、白く美しい伊賀の陶土を感じることができます。

カネダイ陶器・ご飯入れ鉢(おひつ)1合(黒)

1_000000000777

上の写真は蓋に線が描かれ、最下部に滑り止めのラインが入っている、久野恵一さんの提案したもやい工藝の別注商品です。以前朝日新聞の「そばに置きたい」でも紹介されました。やや値段は高いですが、無地のものに比べ伊賀の陶土の素朴さが生かされ、温もりを感じます。他では手に入らないとても素敵なご飯入れです。

カネダイ陶器・ご飯入れ鉢(おひつ)1合(白)

6_000000001131

2合~2合半サイズは飴色と無地の白。
白は品切れとなりましたが、濃い飴色はご飯の白がよく映え、意外と選ぶ方が多い色です。以前ブログでご紹介しましたが、もやい工藝のスタッフOさんはこのご飯入れでチーズケーキを作るそうです。とっても美味しそうですね!

カネダイ陶器・ご飯入れ鉢(おひつ)2合(飴)

31366296695_bba0448516_z (1)

7_000000001131

使わないときはお菓子入れや乾物入れにしても良さそうです。
ぜひ一度現代の暮らしにも寄り添う陶器のご飯入れを使ってみてください。

伊賀焼・ご飯入れ鉢(おひつ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。