大日窯の飯碗

17世紀のはじめに日本で初めて磁器が焼かれたのが佐賀県有田町でした。有田焼は製品が伊万里港から出荷されたことから伊万里焼とも呼ばれます。

現在有田ではさまざまな器がつくられていますが、初代から民藝の精神を目指し古伊万里の再興を目指しているのが大日窯です。大日窯の代表的な仕事のひとつは、江戸時代に淀川を行き来する船で使われた庶民用の雑器である「くらわんか茶碗」。くらわんか茶碗は船上でも安定するように高台が広くつくられ、荒い使用にも耐えるよう厚手で丈夫につくられた碗です。

33993857922_09bedc4fb7_z

33993826752_37627b30ca_z

高台にまで線が入っている線巻き飯碗。内側の線もアクセントになっています。

33766255070_5a909ee86c_z

34020539001_d3bc71bb81_z

呉須で描かれた格子模様が美しい割り格子茶碗。直線でもやわらかい印象なのは、手で描かれた温もりが残っているからでしょう。

33308342504_29f4ef8d94_z

33308308934_d2fcc863f1_z

スープ碗にも、ヨーグルトなどを食べる時の小鉢としてもちょうどいいサイズです。

34151224645_995e6e7a87_z

とにかく丈夫で、何度も落としているのに割れません。
裏側には久野恵一さんプロデュースの物にだけ描かれる「日」の一文字。用に耐え、時代を超えて美しい優れものです。

大日窯・線巻き飯碗
割り格子茶碗 小(呉須)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。