6月の入荷予定(2)

引き続き入荷予定の商品をご紹介します。

上の写真は、本日オンラインショップに掲載されました愛媛県砥部焼のバターケースです。呉須と赤の絵付けに温かみがあります。ケース自体も角張っており、模様も幾何学模様のようなシャープな形ですが、全体的に柔らかい印象になるのは手仕事ならではです。

砥部焼・梅山窯 バターケース(白)

IMG_0059

小鹿田焼・黒木富雄窯のうつわも入荷します。前回入荷時に人気の高かった櫛描き鉢です。飛び鉋や櫛描きなど表情豊かで、メインの料理を盛り付けるのにぴったりです。同じもので飴色もございます。

黒木富雄(昌伸)窯・櫛描き6寸鉢(飴)

IMG_0060

私がずっとこれでお雑煮を食べたいと願い続けている深さのあるお碗です。三彩模様の色がとても美しく、小鹿田ならではの素朴さを感じられます。ひとつ、蛇の目に緑の釉薬がポツリと付いたものを見つけました。こういったものに味わいを感じて使う方も多いのです。

IMG_0057

坂本浩二窯からは1合壷が届きました。なんとも安定感のある良い格好で、小鹿田の名工の貫禄を感じるようになってきました。この壷は「ウルカ壷」と呼ばれ、かつて日田市の商人がこの壷を注文して鮎の塩辛(ウルカ)を入れ、土産品として販売していたそうです。釉薬が剥がれやすい白はあまり塩分の強いものを入れられませんが、小物入れや砂糖壷などとしてお使いください。

IMG_0056

久しぶりに浩二さんの大皿が届きました。すごい迫力です。一目見て感動してしまいました。2年前に私も大皿を買ったのですが、その頃から肩の力が抜けてさらにおおらかで力強くなっている気がします。

このような小鹿田伝統の大物が蹴ロクロで、一人の手によってつくられ、皆の力を合わせて登り窯で焼かれていることを考えるだけで素晴らしさに感動します。オンラインショップ掲載までどうぞ楽しみにお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。