もやい工藝に行きました

先日もやい工藝にお邪魔しました。

上の写真は涼やかな磁器と青い器。蒸し暑いこの季節、磁器のそばちょこで冷たいお蕎麦やそうめんを食べたくなります。
moyaisにも砥部焼のそばちょことお皿が入荷したばかりです。ぜひご覧ください。

砥部焼(愛媛県)

前に来たときは石見焼と瀬戸焼が並んでいた正面に、小鹿田焼がずらりと並んでいます。

35621801595_cdd17c6013_z
35621785105_286993c8b9_z

自然に打たれた刷毛目がとても美しいです。

34812875833_3e4cdd4046_z

この季節はなぜか青地釉に惹かれます。坂本浩二窯の急須と湯呑。とても使いやすそうですね。

小鹿田焼・坂本浩二窯(大分県)

35453564262_942e23ed00_z

やちむんの棚にはまだまだ面白い器があります。
先日行われたイベント「お菓子と民藝」のために注文した限定の器もまだ並んでいました。私もお皿をひとつ買いましたが、他にない色なので食卓で映えますよ。追加の入荷はないそうなので、ご興味のある方はぜひお求めください。

35453502472_77fee2d175_z

moyaisに入荷したばかりの、飴色が美しい出西窯の8寸皿です。ちらし寿司やサラダなどがよく合いそうです。

出西窯・8寸深皿(飴)

34780441824_1824a31c4b_z

迫力のあるやちむんと、いつ見ても独特の雰囲気がある森山窯のカップ類です。

森山窯・瑠璃釉珈琲碗皿

板の間にはいつも涼しい風が通ります。
ぜひ静かな庭に咲く紫陽花を見に、鎌倉へ足をお運びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。