四角と丸

民藝・手仕事のうつわ、特に磁器に施される染付の四角と丸が好きです。

中田窯の格子と点打ち。手で描かれる四角には鋭さがなく、柔らかい印象があります。ちょっと曲がった部分に人間味が感じられ、高台に引かれた真っ直ぐな2本の線とのバランスが美しいと思います。


点打ちはひとつひとつの丸の大きさや濃さが異なり、小さな点を愛おしく感じます。こちらも2本線が全体を引き締めています。

民衆の手仕事は、緻密でもありますが、程良く自然の適当さを受け入れている部分があります。濃い点、薄い点。人間模様を眺めているようで面白く、見ていて飽きません。

愛媛県・砥部焼 中田窯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。