嶋田窯の器が入荷しました

石見焼の窯元の中で、いまだに登り窯で焼成を続けている唯一の窯、石州嶋田窯。島根県江津市で昭和10年(1935年)に開窯されてから、80年以上登り窯に火を灯し続けています。

石見地方の土質は鉄分が少なく、非常に硬質で磁器に近い性質を持っています。空気を遮断し防塩と防湿の効果が高く、水漏れがしにくい土質を利用して、塩を入れる瓶や藍瓶、大きな水甕など野外に置く大きな粗陶器(あらとうき)が作られてきました。

出雲には来待町という場所があり、来待石という石が採れました。来待石の石粉を水に浸してできるのが「来待釉(きまちゆう)」という釉薬。焼くと器が赤くなり内側に施すと防水の役割も果たします。そこから生まれたのが明治以降に普及した赤瓦です。かつてこの地域の家々のほとんどは赤瓦で、さらに全国へと一気に赤瓦が広まりました。
また、来待釉の防水性を活かして大きな水甕がつくられました。鉄道の開通した明治の中頃以降、大きな甕は引く手あまたとなり、江津など石見の周辺は一大窯業地として発展します。

昭和30年代に入ると、プラスチックが登場し、軽くて割れない物の方が良いと家庭用品としてのニーズは激減。瓦も重たい物ではなく軽い瓦へと少しずつ変わって行きました。嶋田窯の2代目・嶋田春男さんは時流に対応するため新たな製品をたくさん作っていきました。職人の優れた技術と地元の材料を使い、器を手早く生産することで苦境を乗り越えました。その後、もやい工藝初代オーナー・久野恵一さんが「大物づくりの技術を持った人が石見から消えてしまうのは惜しいからなんとかしたい。実用的ゆえに荒物屋にしか並ばない嶋田窯の器に民藝の美しさを加え人々に伝えていきたい。」という思いから、嶋田窯へのアドバイスをするようになります。また、ほとんどの窯が経済的に見合わないためガス窯に切り替える中、嶋田窯では粗陶器を作るための巨大な登り窯を壊し、使える材料を再利用して小さな登り窯を作りました。

現在moyaisで取り扱っているのは、久野恵一さんのアドバイスにより誕生した石見地方の材料と伝統が生かされた器です。余計な装飾を加えることなく、石見の陶土に並釉を施して還元焼成すると青磁色に呈色するという性質を生かした、丈夫で美しい日常の道具です。やちむんや小鹿田焼、出西窯のように分かりやすい美しさではないかもしれませんが、堅実さと低価格を保ち続けてきた作り手の正しい心を映し出しています。その土地の土から生まれ、土に還り、丈夫さゆえに永く使える、環境・社会面の美しさも備える器です。

登り窯で焼成されるため、同じ器でも入荷のたびに色が異なります。それでも高い技術によりほぼ同じ形で仕上がっています。取り扱っているオンラインショップはあまりないのですが、こういった一見地味ではあるけれど日本の手仕事を彩ってきたものを、多くの人に伝え次世代に残していくことがmoyaisの使命であると思っています。
ぜひこの機会にご覧ください。

石見焼・嶋田窯(島根県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。