龍門司焼が入荷しました

鹿児島・龍門司焼より、美しい番茶湯呑みと箸置きが入荷しました。

龍門司焼の白化粧は少し黄味がかったやさしい色です。そこに緑と飴の線が交差している、三彩という龍門司伝統の技法が施されています。三彩模様は少しかための釉薬をスポイト状の容器に入れ、線を描いていきます。それが焼成すると溶けて釉薬に動きが出ます。描き方や溶け方によって交差の仕方も変わるため、ふたつとして同じ模様がありません。

高台には釉薬を掛けるときに付いた指の跡が残っています。作業している様子が目に浮かぶ、手仕事ならではの景色。丸みのある形が手に馴染み、普段使いのお湯呑みにぴったりです。

黒釉の番茶湯呑みはきりりとした印象。青流しの色がとても綺麗です。高台は素焼きになっているので、白よりもよそいきの印象があり、来客用としても良さそうです。

素朴な箸置きも毎日の食卓で気軽に使えますよ。庶民のためにつくられてきた、薩摩焼「黒もん」の伝統を受け継ぐ龍門司の器。ぜひご覧ください。

龍門司焼(鹿児島県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。