イッチンいろいろ

沖縄のやちむんといえば色とりどりのうつわを思い浮かべますが、落ち着いた色合いのものもつくられています。イッチンの器はそのひとつです。

イッチンとは泥漿で器に文様を描くのに用いるスポイトのような道具、もしくはその技法のことです。最近では一枚のお皿にアートとして描くようなイッチンの器も見られますが、模様が一枚で完結しておりあまり力強さが感じられません。高い技術をもった作り手が何十枚と連続して描く自然な流れの中にイッチンの美しさが現れます。


さらさらと描かれた流れが感じられるイッチン。焼成時に器を重ねた跡である「蛇の目」があるものとないものでは印象がずいぶん異なります。

湯呑みや飯碗に描くイッチンの線巻。側面に描くのは至難の業、途切れず描かれているのがすごいですね。

初代もやい工藝オーナーの故久野恵一さんはイッチンについて「好みが分かれるものの典型的なひとつ」と述べています。

右側は小石原焼・太田哲三窯のイッチンと同様の技法である「ポン描き」のそばちょこ。線の太さと地の土の色が違うのが分かります。


明るい色柄の器と使うのがおすすめです。器が土からできているんだ、という素朴さをそのまま感じられるイッチンの器。ぜひ一度使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。