太田哲三さん・圭さんの湯呑み

小石原焼・太田哲三窯の丸長湯呑み(大)が入荷しました。ふっくらとした形がやさしい印象の湯呑みです。

伝統技法の飛び鉋が全面に施され、口縁には緑釉。というのは毎回同じなのですが、上の写真を見ていただけると分かるように、入荷のたびに印象が異なります。

写真左は焼きが浅いために肌が白く、飛び鉋もすっきりとした印象。縁の釉薬は青々と流れています。右のものは焼きが強いために飛び鉋も高台も焦げ茶色になっており、渋い雰囲気。縁の釉薬は火の力で飛んでおり、微かに色が分かる程度です。真ん中がその中間のもの。縁の緑釉がなんともいえない綺麗な淡い色ですね。

工業品であれば間違いなく売り物にならないバラつき加減ですが、それが自然の力に左右される手仕事・民藝のおもしろさ。使いやすさは変わりませんが、その時にしか出来ない姿に美しさを感じていただければと思います。

色の濃さにご希望がありましたら、ご注文時に「備考欄」でお知らせください。
手にすっぽりと収まり、たっぷりめに入るサイズ。普段使いの湯呑みとしておすすめです。

太田哲三窯・飛び鉋丸長湯呑(大)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。