ケヤキのパン皿、入荷しました

富山・わたなべ木工芸よりケヤキの白木パン皿が入荷しました。

このパン皿はもやい工藝 初代オーナーの久野恵一さんが生前、わたなべ木工芸に製作を依頼したものです。久野さんがご友人のお宅を訪れた時、塗装されていない白木のお皿でクッキーが出され、その使い込まれた美しさに一目惚れをしたのがきっかけでした。依頼を受けた渡辺さんは、古家を解体した際に入手したケヤキの廃材でパン皿をつくりはじめました。節があるような材でも使い込むことで暮らしの良品になるのではないか。木材資源の活用法になるのではないか。そんな未来への期待が込められた提案でもありました。

無塗装なのでバターなどの油分が染み込み、使っていくうちにどんどん飴色に変わっていきます。経年変化を楽しみ、育てるパン皿。温もりあふれる暮らしの道具をぜひ朝の食卓に取り入れてみてください。

わたなべ木工芸・ケヤキの白木パン皿(富山)

パン皿レポートもぜひお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。