編組品の美しさ

鎌倉もやい工藝で行われている編組品展に行ってきました。

日本各地で自然の素材を使って編まれた生活の道具、編組品(へんそひん)。プラスチックが台頭するまでは農閑期に多くの人が携わっていた仕事です。竹、樹皮、藁。人々はその土地で採れる材料で必要な道具をつくりました。特に竹は篠竹、真竹、女竹、淡竹、根曲竹など様々な種類が編まれており、日本の風土に適した材料として活躍してきました。日本最古の編組品は佐賀県の東名遺跡から発見された約7000年前の木製編かごだそうです。それほど身近であった編組品の仕事の多くが、この数十年で失われていきました。

もやい工藝の久野恵一さんは仕事を絶やさぬため、日本各地をまわり堅牢で美しい編組品の作り手を探し、紹介してきました。そのバトンは息子である久野民樹さんに渡されています。民樹さんが歩き、見て、選んだ編組品の数々がもやい工藝で一堂に会す数少ない展示、ぜひ足をお運びください。ひとつひとつの仕事の丁寧さ、力強さ、自然の豊かさ、人の手と心が生む美しさ。いろんな思いが感じられます。

展示されていたものをいくつかご紹介します。


佐世保で作られた大きな三段重ねの魚かご(びく)。底は水が切れるよう四つ目底で間を空けてあります。補強のためのツンバイ(力竹)も竹そのものの力強さを感じられ、美しいですね。

栃木・寒竹細工の大きな大きな洗濯かご。細い寒竹を1本1本ヒゴどりして編まれています。寒竹は他の竹のように保管することが難しいため、採ってすぐの青々した竹を使います。弾力性と粘りが美しい曲線を生みます。こんなに大きなものも編めることに感激しました。

桜の皮を使った円筒かご。秋田のイタヤ細工の技術を様々な素材に生かしている仕事です。樹皮そのままの力強さが、自然とともに暮らしてきた人々の力強さを思わせます。

他にもまだまだ魅力的なものがあり、一日中眺めていたかったです。
※展示期間等は直接もやい工藝にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。