パン切りボードの個性

品切れとなっておりました富山・わたなべ木工芸のパン切り台が入荷しました。

鳥取の民藝運動家、吉田璋也氏がイギリスの製品をもとに考案したパン切り台です。その形をもやい工藝初代オーナー・久野恵一さんが富山のわたなべ木工芸に依頼し、復刻しました。材質は栃ノ木(トチノキ)。円形に溝が彫られ、パンくずが飛び散らないよう溝に入る構造になっています。溝の外側は、中央よりも少し低くなっており、ナイフの刃が当たらないように考慮されています。

わたなべ木工芸では地元の木材を使用し、無駄が出ないようあらゆる部分から木取りしているためひとつひとつの木目や色が異なります。また、漆を塗っていない無垢の木材なので、くすみや小さな穴、木目の凹凸などがそのまま残っています。

使っていくうちにだんだん色が変化し、木目やくすみも印象が変わってきます。

木のそのままの表情が楽しめる個性的なパン切り台。木の美しさと力強さが伝わってきます。眺めているとだんだん愛着が湧いてきませんか。

どんな色・表情でも美しいものは美しい。美しく無駄のない形が際立つ日々の道具です。ぜひ一度使ってみてください。

わたなべ木工芸・パン切り台(富山県)

※木目・色はお選びいただけません。「くすみがあっても良い」「なるべく全体的に白いものが良い」などご希望がありましたらご注文時に備考欄でお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。