エッグベーカーで目玉焼き

久しぶりに湯町窯よりエッグベーカーが入荷しました。

1922年に創業して以来、100年近くにわたり日常使いの器を作り続けている湯町窯。江戸時代からこの地で焼かれる布志名焼の流れを汲み、地元で採れる石から作り出される釉薬を使用しています。

その湯町窯の代表作が、エッグベーカーです。バターを入れて直火にかけ、卵を割りいれて蓋をし、5分待つだけでふわふわとろとろの目玉焼きができるすぐれもの。 お皿に目玉焼きをのせてもすぐに冷めてしまいますが、エッグベーカーは保温性が高く、火からおろしてお皿にのせ、そのまま食卓に出せるので食べ終わるまであつあつのお料理が楽しめます。

今回はソーセージと茹でたブロッコリーも入れて火にかけました。最後にトマトをトッピング。

やさしい飴色が見た目にも優しく、温もりをあたえてくれます。

底までふわふわの目玉焼きは、フライパンでは作れません。一人分のグラタンやスープ、アヒージョにもいいですね。お皿だけで使ったり、ベーカーを小鉢として使ったりといろいろな楽しみ方ができます。

以前に書いたブログ記事もぜひご覧ください。

湯町窯・エッグベーカー(島根県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。