太田哲三窯の大皿

小石原焼・太田哲三窯より、3.5寸~1尺まで幅広いサイズのお皿が入荷しました。どれも飛び鉋や刷毛目、櫛描きなど小石原の伝統技法が施されたものですが、哲三さん・圭さんが作ると古臭さのまったくない、現代的な感覚をもった器になるのが不思議です。今回入荷したものの中で特に素晴らしいと感じたのは大皿です。

現代の生活では使う機会の減っている大皿ですが、使う人がいなければ大皿作りの技術は途絶えてしまいます。年に一回、新年の煮物をのせるために。誕生日のケーキをのせるために。クリスマスにオードブルを何種類か盛り付けて。スーパーで買ったお寿司やお惣菜を家族みんなで。

シンプルで存在感のある大皿が一枚あるだけで食卓の印象がグッと豊かになります。


太田哲三窯・縁付刷毛目尺皿

力強い刷毛目を縁の二本線が優しく包んで、全体が穏やかな印象になっています。


太田哲三窯・縁付櫛描き9寸皿

たっぷりかけた釉薬の上から櫛のような形をした道具で線を引いたお皿。線が真っ直ぐではなく、どれも違う表情で面白いですね。縁の色も窯の中で火の当たった方向が想像できて面白いです。

裏の焼き色の変化にも趣があります。


太田哲三窯・飛び鉋9寸皿

シンプルで飽きのこない飛び鉋。縁が付いているだけで全体が美しく引き締まります。

大皿は表面積が大きく火の影響を受けやすいため、一枚の器の中に様々な表情を読み取れるところが魅力です。ぜひ一枚、お気に入りの大皿を見つけてみてください。

太田哲三窯・小石原焼 (福岡)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。