砥部焼・梅山窯の器が入荷しました

愛媛県松山市の南に位置する砥部町は、その名が示す通り砥石で知られる町でした。江戸時代、伊予郡では地元の山から産出される砥石「伊予砥」の生産がさかんに行われていました。切り出す際に出る砥石屑の処理に頭を悩ませていたところ、砥石が磁器の原料となることを知った当時の藩主・加藤泰侯が磁器の生産を命じたことにより砥部焼が誕生しました。

砥石屑の再利用から始まった、というだけでも応援したくなる砥部焼。柳宗悦氏と民藝運動を共に歩んだ鈴木繁男氏が絵付けを指導した梅山窯(梅野精陶所)は、1882年(明治15年)梅野政五郎によって開かれた砥部焼最大の老舗窯元です。梅山窯では、現代も「用と美」を追求し、暮らしに寄り添った誠実で素朴な器を作り続けています。その健全さは絵付けや値段にも現れています。

唐草、太陽、なずななど梅山窯オリジナルの文様は、すべて自然をモチーフにしたもの。シンプルでありながら奥深い文様は、独自の技法でひとつひとつ手で描かれているので、ひとつひとつ表情を楽しむことができます。

梅山窯の奥にある資料館には鈴木繁男氏をはじめとする民藝運動の主導者たちの古作が展示されています。呉須と赤の色、絵付けの美しさに思わず見入ってしまいます。

梅山窯では現在様々な絵付けを用いた器が作られていますが、今回入荷した器はすべて鈴木繁男氏の意匠によるもの。呉須、赤、緑がとても可憐で食卓を華やかにしてくれそうです。

手描きの温もりが伝わってくる格子柄。ぽってりとした形は砥部の硬い土質によるもので、丈夫さの証ですが、優しい印象にも繋がっています。民藝運動の主導者たちが一生懸命未来に繋げた日本の美しい仕事。ぜひひとつ、使ってみてください。

砥部焼・梅山窯(愛媛県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。