砥部焼・中田窯の器が入荷しました

涼しげな呉須の青が食卓に映える季節。久しぶりに砥部焼・中田窯の器が入荷しました。定番のリム皿とそばちょこが揃っております。すずらん、唐草、なずな、刷毛目など古典的ながら現代に合う紋様はみているだけで心温まります。

中田窯は、食卓の上で主張しすぎることなく、健康的かつ多用途に使える堅牢な器づくりをめざしています。今や大量生産が一般的となり、絵付けも機械で簡単にできるようになりました。そのような中、古伊万里・初期伊万里の雰囲気を目指す中田窯の器は、土、うわぐすり、呉須、焼成の温度、すべてを綿密に計算した上、手作業によって生まれます。陶石は、窯の北側にある上尾峠(うえびとうげ)の伊予砥(いよど)を使っています。

中田窯の器には黒い小さな点がみられます。これは、砥部の他の窯と異なり、採石場で精製された際に取り除かれた不純物の一部を工房であえて混ぜ直して土に使っているためです。初期伊万里の肌合いに惹かれ、当時のような不純物を除ききらない土を使おうとご自身で工夫されたのだそうです。

どっしりとした安定感と独特の雰囲気。陶器とは違う清々しさや凛とした佇まい。冷たいお料理は冷蔵庫でお皿を冷やしてから。温かいお料理はお皿をお湯で温めてから。どんなお料理も受け止め、手入れの簡単な磁器は一枚あるととても便利です。この機会にぜひご覧ください。

砥部焼・中田窯(愛媛県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。