湯呑みのかたち

お茶はもともとお茶碗というようにお碗で飲んでいましたが、だんだんとお茶用に特化して作られるようになり、片手でも持ちやすい縦長のかたちに変化していきました。そのかたちは濱田庄司型、金城次郎型など特徴的なかたちの湯呑みを作った優れたつくり手の名で呼ばれることもあります。

上の写真の湯呑みは左側が石見焼・嶋田窯、右側が瀬戸焼・瀬戸本業一里塚窯のもので、どちらも衒いのない凛々しいかたちをしています。もやい工藝初代オーナーの久野恵一さんが窯に提案したもので、その土地の釉薬や土の特徴を生かしています。

いわゆる濱田庄司型の湯呑み。石見の土に並釉(なみぐすり)を施し還元焼成すると青磁色に呈色するという効果を生かした、美しい自然の色です。

こちらはやや低めの角形湯呑。茶托にのせて来客用に。瀬戸の上品な色と風情のある貫入(ガラス質に入るヒビ)がなんとも美しい湯呑みです。使い込むことで色が渋く変化していきます。小鉢として使うのもおすすめです。

口当たりがよくなるよう、口縁の内側をほんのわずか反らしてあります。真っ直ぐに立ち上がる形の良さを維持しつつも、実用に適う形を追求した用の美。高台部分はあえて素焼きになっており、瀬戸の白土を愉しめます。灰釉(かいゆう)という植物灰を触媒にした釉薬。何も掛けない状態と釉薬を掛けて焼成した状態の違いがよく分かりますね。瀬戸焼発祥の時から用いられている伝統的な釉薬です。

シンプルで美しい湯呑みを眺めると、人々が数百年前から感じてきた、土に釉薬を掛けて焼成した時の変化に感動する純粋な心が伝わってきます。絵付けのない湯呑みだからこそ広がる景色を想像し、楽しんでいただければと思います。

嶋田窯・湯呑み

瀬戸本業一里塚窯・灰釉角湯呑み(大)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。