大日窯の丼と小鉢

とても気に入っている器が入荷しましたのでご紹介します。有田・大日窯の丼と小鉢です。

有田焼というと豪華絢爛な金銀を纏った絵付けを想像する方も多いと思いますが、大日窯の器はいたってシンプル。先代からのこだわりを受け継ぎ、地元の土と自家製の釉薬を使い、手描きで絵付けをしています。日々の暮らしで使うための道具として、余計なものが削ぎ落とされた器の姿には技術と伝統の骨格を感じます。

土も釉薬も、調合され安定した状態を保てる既製品がどこでも手に入る時代、山から採集した原料を自ら調合して作る窯は少なくなりました。大日窯の久保さん親子の初期伊万里へのこだわりと民藝の精神を感じられる器。ここまでシンプルでありながら温もりを感じられる磁器にはなかなか出会うことがありません。

我が家でもラーメンにフォーに冷麺に日々用いています。

目立つうつわではありませんが気に入ってくださる方が多い小鉢。「はたぞり」と言って縁が綺麗に反った形です。鉄釉が巻いてあるのも良いですね。軽くとても丈夫なので、お蕎麦屋さんや和食のお店で使っていただくのも良さそうです。

丼と小鉢以外に蓮華、徳利、蕎麦猪口、お碗もございます。ぜひご覧ください。

有田・大日窯(佐賀県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。