パン切りボードが入荷しました

富山・わたなべ木工芸よりトチノキのパン切りボードが届きました。

鳥取の民藝運動家、吉田璋也氏がイギリスの製品をもとに考案したパン切りボード。その形をもやい工藝初代オーナー・久野恵一さんがわたなべ木工芸に依頼し、復刻しました。

木目を生かし無塗装のボードは円形に溝が彫られ、パンなどを切った際にパンくずが飛び散らないよう溝に入る構造になっています。溝の外側は、中央よりも少し低くなっており、ナイフの刃が当たって邪魔にならないように考慮されています。また、持ち運びしやすいよう端が斜めにカットされており、実用性とデザイン性を追求した美しい木工品です。

わたなべ木工芸3代目の渡辺博之さんは古民家などから出た古材からもお盆やお皿を作っています。木の種類によって異なる特性と木目を生かし、極力無駄のないように木取りをしてから、ひとつひとつ削っていきます。プラスチックの台頭により衰退の一途を辿っている日本の木工芸ですが、持続可能な林業を支える、失ってはならない日本の手仕事のひとつです。

今回入荷したパン切りボードにも黒いくすみや元々木に空いている穴や節、傷が見られます。漆仕上げであれば目立たなくなりますが、無塗装なので生きていた木の「そのまま」が残っています。使ううちに全体の色が濃くなり、木目もはっきりとしてきます。時とともに変化する、木のそのままを受け入れてくださる方に使っていただければと思います。


※木目はお選びいただけませんが、ご希望の方には発送する前に写真をお送りすることが可能です。お問い合わせください。

わたなべ木工芸・パン切りボード(富山)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。