龍門司焼の器が入荷しました

「白薩摩」「黒薩摩」の名前で親しまれる薩摩焼の歴史は、薩摩藩主の島津義弘が朝鮮人陶工を連れ帰った400年以上前にさかのぼります。黒薩摩の流れをくむ龍門司焼は、1688年桜島を南に臨む山ふところに築かれ、以来300年余りの歴史を守り続けてきました。戦後、協同組合を設立し、昭和二十五年に現在の龍門司焼企業組合となり、江戸時代からの伝統技法を引き継いできた陶工達が結集して新たな龍門司焼作りが始まりました。

昭和三十九年、龍門司焼の三彩は県の無形文化財に指定されました。独特の黄味がかった白化粧土に飴釉と緑釉を交差するように施す「三彩流し」。焼成する前は釉薬が固まっていますが、焼成するとそれが溶けて自然な流れになります。

その様子は息をのむほど美しく、ひとつひとつすべて釉薬の具合が異なるのが魅力です。今回その三彩流しの魅力を存分に味わっていただける器がいくつか入荷しておりますので、写真でご紹介します。


定番の番茶湯呑みと蕎麦猪口です。薩摩らしいどっしりとした形に描かれた三彩は動きがあり生きているようです。


ひとつひとつ全く違う表情の三彩3.5寸皿と4寸皿。

伝統技法「三彩流し」の器。ぜひこの機会にご覧ください。

龍門司焼(鹿児島)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。