出西窯の器が入荷しました

とても久しぶりに島根・出西窯の器が入荷しました。

1947(昭和22)年、地元の5人の若者が共同体的な窯として創業した出西窯。柳宗悦の来訪をきっかけに民藝と関わることとなり、河井寛次郎、濱田庄司、バーナード・リーチ、鳥取の民藝運動家・吉田璋也といった多くの民藝の先達の指導を受けて発展してきました。当初は分業制で作業していましたが、現在は10名強の職人たちがそれぞれろくろから釉薬掛けまでを一貫して行っています。工房の奥には1基の登り窯があり、灯油窯や電気窯を併用しながら現在も年に3、4回窯焚きを行っています。

現代民窯の代表的な存在となった出西窯では、伝統的な器は少数派となりました。それでもこだわり続けているのは「道具としての使いやすさ」。今回入荷した、現代の暮らしに寄り添う器を写真でご紹介します。

淡い緑色のグラデーションがなんとも美しいお皿です。


濃淡のある飴色。柔らかい白。ブルーが有名ですが、飴色と白も出西窯を代表する色です。

素焼き部分の色と白のコントラストが綺麗なボウル。

ぜひ一度手に触れ、使ってみていただきたい本当にかっこいい器。白い平皿の魅力が詰まっています。

これは何だと思いますか?答えはオンラインショップでご覧ください。

出西窯(島根)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。