「祈りの造形」を見て

先日、日本民藝館の今年最初の企画展である「祈りの造形」を見てきました。 いつもの展示よりも流れるように心に染み入ったような気がしました。見たあとに展示のイントロダクションを読んで、その理由が腑に落ちま... Read More

星耕硝子の吹きガラスが入荷しました

半年ぶりに秋田・星耕硝子よりガラスのうつわが届きました。 星耕硝子は伊藤嘉輝(いとうよしてる)さん、亜紀さんご夫妻で運営されている吹きガラスの工房です。吹き手はご主人の嘉輝さん。作家としてよりも職人と... Read More

無心の器

moyaisの仕事をしていて、一番幸せだなと思う瞬間はお客様が「うつわのそのまま」を受け入れてくださる時です。民藝の器はサイズや見た目が微妙にひとつひとつ異なります。凹みやキズが見られる場合もあります... Read More

「calm」のシロップ – 2

コーディアルシロップを注文するにあたり、シロップアーティストである高橋友香さんが丁寧にご自身の作るシロップについて説明してくださいました。 calmのシロップは、できるだけオーガニックで生産者さんの顔... Read More

「calm」のシロップ – 1

海のような やさしい音楽のような ホッと心を癒してくれる ハーブと旬の果物を使った魔法のシロップ calmのシロップアーティスト・高橋友香さんと出会ったのは夏の終わりでした。以前イベントで協力させてい... Read More

月ハ映リキ水ヲ染メデ

先日ブログのタイトルを変えてみました。 “月ハ映リキ水ヲ染メデ” 柳宗悦が短歌や俳句よりさらに凝縮させた字数で自らの心境を表した「心偈(こころうた)」から選んだ言葉です。 ・・... Read More

太田潤さんのガラスが入荷しました

福岡・小石原より太田潤さんのガラスが入荷しました。今回入荷したのは手吹きの温もりが伝わる大好きなグラスと小鉢で、ぜひ冬にこそ使ってみていただきたいものばかりです。 潤さんのガラスは全て再生ガラスででき... Read More

そばちょこのススメ

蕎麦猪口(そばちょこ・そばちょく):盛りそばのつけ汁を入れる器。底から口へ向けて直線的に広がる。染付・赤絵などが知られる。 蕎麦猪口は、古伊万里を原点とし、蕎麦を食べるための器としてだけでなく、食器と... Read More

砥部焼・梅山窯の器が入荷しました

久しぶりに梅山窯のうつわが入荷しました。 今回入荷したものはどれも凛々しく、格好よい磁器です。実用に徹したものであると同時に余計なものが全て削ぎ落とされた無駄のない形。まさに用の美を感じるものばかりで... Read More

柳宗悦と古丹波

日本民藝館で今週末まで開催されている展示「柳宗悦と古丹波」を見に行きました。 800年以上にわたる長い伝統の中で培われてきた多彩な陶技と、炎が生み出した自然釉の美しさが特徴である丹波焼。日本六古窯の一... Read More