太田哲三さん・圭さんの湯呑み

小石原焼・太田哲三窯の丸長湯呑み(大)が入荷しました。ふっくらとした形がやさしい印象の湯呑みです。 伝統技法の飛び鉋が全面に施され、口縁には緑釉。というのは毎回同じなのですが、上の写真を見ていただける... Read More

伊賀焼のご飯入れとココット

今年最後の入荷商品が三重県の伊賀丸柱より届きました。定番商品のご飯入れと、はじめて入荷したココットです。 伊賀の白い土を生かした柔らかい白と、艶の綺麗な飴色。どちらも底の部分は素焼きになっていて、伊... Read More

手仕事のギフト

クリスマスが近づくと様々なお店からのメールマガジンもにぎやかになってきます。「50%オフ、2点以上でさらに」「クリスマスキャンペーン」などなど。 セールが開催されるのは在庫を処分する必要があるから。つ... Read More

イッチンいろいろ

沖縄のやちむんといえば色とりどりのうつわを思い浮かべますが、落ち着いた色合いのものもつくられています。イッチンの器はそのひとつです。 イッチンとは泥漿で器に文様を描くのに用いるスポイトのような道具、も... Read More

飯碗いろいろ

沖縄では飯碗のことをマカイといいます。マカイの特徴は高台が大きいこと。全体の重心が低く、どっしりとした印象です。 やちむんは重いというイメージがありますが、同じやちむんでも作り手さんによってその薄さは... Read More

太田哲三窯の器が入荷しました

前回入荷したのは2月でしたので、9か月ぶりに小石原焼・太田哲三窯の器が入荷しました。今回も素朴で健やかさを感じられる定番のうつわが中心です。 moyaisでは人の目を引きそうな新しいものを作ってもらう... Read More

龍門司焼が入荷しました

鹿児島・龍門司焼より、美しい番茶湯呑みと箸置きが入荷しました。 龍門司焼の白化粧は少し黄味がかったやさしい色です。そこに緑と飴の線が交差している、三彩という龍門司伝統の技法が施されています。三彩模様... Read More

嶋田窯の器が入荷しました

石見焼の窯元の中で、いまだに登り窯で焼成を続けている唯一の窯、石州嶋田窯。島根県江津市で昭和10年(1935年)に開窯されてから、80年以上登り窯に火を灯し続けています。 石見地方の土質は鉄分が少な... Read More

やまほん陶房の土鍋

品切れとなっておりました伊賀焼・やまほん陶房の土鍋が入荷しました。 オフィスの机に置いてみましたが、現代的な部屋にもマッチするモダンな雰囲気の土鍋です。形も色も本当に美しく、毎年見ているのにしばらく眺... Read More

飴と白

飴色と白の組み合わせがとても好きです。 同じ飴色でも、薄いもの、濃いもの。同じ形のうつわであっても、ひとつひとつ釉薬の色の出方は、火の加減や釉薬を掛ける時の手加減で変わります。どの色でもそうですが、飴... Read More