編組品の美しさ

鎌倉もやい工藝で行われている編組品展に行ってきました。 日本各地で自然の素材を使って編まれた生活の道具、編組品(へんそひん)。プラスチックが台頭するまでは農閑期に多くの人が携わっていた仕事です。竹、樹... Read More

柳宗悦の「直観」

日本民藝館で開催されている企画展「柳宗悦の「直観」 美を見いだす力」を見てきました。 それまで顧みられることのなかったものに次々と美を見いだした柳宗悦の眼差しを追体験し、柳の提唱した「直観」について改... Read More

送料変更のお知らせ

いつもmoyaisをご利用いただきありがとうございます。 この度、moyaisでは送料を変更させていただくこととなりました。 これまで長い間、送料を全国一律540円とさせていただいておりましたが、ゆう... Read More

民藝のある暮らし

本日発売の宝島社・大人のおしゃれ手帖特別編集「民藝のある暮らし」にmoyaisの商品を掲載していただきました。 8月に発売したものに続き、今回も桐島かれんさんと巡る街、民藝のある暮らしをしている方々の... Read More

日本民藝館展に行ってきました

日本民藝館で一年に一度行われている「日本民藝館展」に行ってきました。 この展示は伝統的な技術を継承してつくられている手仕事の品と、民藝の美を指針とする個人作家の品を全国から公募し、工芸品の発展をはかる... Read More

2018 あったか展に行きました

毎年この時期に鎌倉もやい工藝で行われている2018 あったか展に足を運びました。日本各地、そして他国からも暖かさと温もりを感じさせる優れた手仕事の品々を集めて展示しているこの企画。大好きで、毎年必ずと... Read More

磁器の良さを知る

民藝の器、そして民窯というと陶器を思い浮かべます。民藝の精神を残している窯の割合として、陶器のほうが圧倒的に多いことや、民窯の代名詞として語られるのが小鹿田や沖縄の北窯など、陶器の窯であるためかもしれ... Read More

「貝の道」を見てきました

先日、神奈川県立近代美術館で行われている「国立民族学博物館コレクション 貝の道」展を見てきました。 海の近くに住んでいるので貝は身近なものですが、かつては世界中の人々にとって身近なものであったことを... Read More

もやい工藝 2018 涼夏の会

週末からはじまった、鎌倉もやい工藝「涼夏の会」に足を運んできました。お店に入ると正面にやちむんの青い器、棚にはmoyaisでもおなじみの秋田・星耕硝子の器が並びます。その後ろには山内武志さんの美しい色... Read More

「お菓子と民藝」2018 終了しました

ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、6/8~6/12に行われたPOMPONCAKES × もやい工藝のイベント「お菓子と民藝」の様子をご報告します。 今年は雨の日が多く、最初の4日間POMPONCA... Read More