美しい暮らしの良品 yaora

このたび「民藝の器 moyais」は、店名を「美しい暮らしの良品 yaora(やおら)」に変更することとなりました。 「やおら」とは、古い日本語で「ゆっくりと」「静かに、そっと」を意味する言葉です。人... Read More

出西窯のマグカップが入荷しました

島根・出西窯より、用の美を備えたマグカップが入荷しました。 写真左側は上半分に白い釉薬が施された掛け分けのマグカップ。素焼きの部分の色が表と裏で違うのは、火に近いほうが焼き色が強くなるため。窯の中の炎... Read More

平穏無事な飯碗

太田哲三窯より定番の刷毛目飯碗が届きました。 哲三さん・圭さんのつくる飯碗にはいつもハッとさせられます。豪奢な美術品や芸術品のように目を引く色や技巧や装飾があるわけではありません。変わったところもあり... Read More

森山窯のティーポット

見ているだけで癒される森山窯・森山雅夫さんのティーポットが入荷しました。 白いイッチンで流れるように描かれた模様が美しく、独特の雰囲気があります。 全体のバランスがよく、ハンドル付けの名人と言われる... Read More

風と土と

震災から9年がたちました。私が民藝に携わるようになったきっかけも9年前にあります。原発事故があり、「風」や「土」の清浄さを考えるようになったときに民藝の品々を見て、自然と調和する美しさと力強さに衝撃を... Read More

まことに美しいもの

毎日流れるように過ぎていく中で、自分はどこに向かっているのか、どこに向かうべきなのか、時々迷ってしまうときがあります。そんなとき、道標となる柳宗悦の言葉。 「私達のすべてはこの世を美しくする任務がある... Read More

伊賀焼のご飯入れ鉢が入荷しました

久しぶりに伊賀焼・カネダイ陶器のご飯入れ鉢が入荷しました。 炊けたご飯を入れて食卓まで持っていくことのできるおひつ。現代の食卓でおひつを使うことはなかなかありませんが、今回入荷したのは木よりも扱いやす... Read More

星耕硝子の吹きガラスが入荷しました

半年ぶりに秋田・星耕硝子よりガラスのうつわが届きました。 星耕硝子は伊藤嘉輝(いとうよしてる)さん、亜紀さんご夫妻で運営されている吹きガラスの工房です。吹き手はご主人の嘉輝さん。作家としてよりも職人と... Read More

「calm」のシロップ – 1

海のような やさしい音楽のような ホッと心を癒してくれる ハーブと旬の果物を使った魔法のシロップ calmのシロップアーティスト・高橋友香さんと出会ったのは夏の終わりでした。以前イベントで協力させてい... Read More

温かいスープの季節

まだ日中の暑さは残っていますが、夜はだいぶ涼しくなりました。秋から冬にかけて、野菜は太陽に近いところで実になるものではなく、土に近いところで実になるものが主役になっていきます。レンコン・ビーツ・にんじ... Read More