美しいスプーン

鎌倉もやい工藝でずっと気になっていたスプーンを買いました。 シンプルなスプーンですが、見れば見るほどその美しさにため息が出ます。 愛知県常滑の原口潔さんが真鍮を叩いて作ったもの。叩いた跡に手仕事の温... Read More

小鹿田焼の小鉢

小鹿田焼が並んだということで、鎌倉・もやい工藝に行ってきました。 正面に並んでいたのは柳瀬朝夫窯。明るくて大らかで、素朴な朝夫さんの器を見るとホッとします。同じ小鹿田焼でも朝夫さんの作る器は他の人が作... Read More

民藝のおもしろさ

出西窯のうつわをもやい工藝で撮影した際に、おもしろいうつわがいくつか目にとまりましたのでここでご紹介します。 上の写真は小鹿田焼・坂本義孝窯の珈琲碗皿です。もやい工藝で新たに作り手さんに依頼したものだ... Read More

龍門司焼の美しさ

先週鹿児島県姶良市にある、龍門司焼企業組合を訪ねました。 龍門司焼企業組合の理事長である川原史郎さんは「龍門司焼に川原史郎あり」ともいわれた名工です。史郎さんの長男である竜平さんは若い頃から窯の方向性... Read More

カップのこと

最近食器棚にお皿が収まらなくなってきました。 一方マグカップやカップ&ソーサーの類はあまり増えません。なかなか本当に気に入ったものに出会わないからかもしれません。出会ったとしても決心するまでにとても時... Read More

簡素な暮らし 第11回

moyaisは器のお店ですが、「器を売るだけで終わってはいけない」と常々思っています。「長い年月をかけて培われてきた日本の美しい手仕事を後世に残したい」という思いがあります。日本の美しい手仕事には様々... Read More

小代焼の魅力

先日もやい工藝に行くと小代焼・ふもと窯の器が並んでいました。 ふもと窯は熊本を代表する陶工である井上泰秋さんの窯です。泰秋さんは熊本民藝館の館長も務め、作陶の傍ら民藝の普及にも力を入れています。息子の... Read More

ものたちと

友人に詩人まど・みちおさんの本を借りて読みました。 そのなかに、こんな詩がありました。 「ものたちと」 いつだってひとは ものたちといる あたりまえのかおで おなじあたりまえのかおで ものたちも そう... Read More

窯変

窯変(ようへん)とは陶磁器を焼く際に、炎の性質や釉薬の含有物質などが原因で予期しない色・釉相を呈することを言います。茶器や民藝の器ではこの窯変が、この世に二つと無い偶然の産物として好まれます。 もやい... Read More

小代焼 ふもと窯と小石原焼 太田哲三窯の繋がり

昨日のブログの最後の写真は、小石原焼の太田熊雄さん(故人)の飯碗でした。 そしてうかつにも、自分も似た物を持っていると言ってしまいました。 で、棚の上のほうにあった自分の物を取り出し、あらためて見直し... Read More