民藝の器で飲むタピオカミルクティー

moyaisのオフィスにある土鍋を使って、手作りのタピオカミルクティーを作りました。 まずはタピオカの準備。乾燥タピオカを熱湯で戻すのに丸一日かかるため、2日がかりで作りました。タピオカが柔らかくな... Read More

信州・松本への旅

先日、日帰りで信州・松本に行ってきました。 松本といえば柳宗悦に師事し、民芸運動に参加した松本民芸家具の池田三四郎。ちきりや工芸店の初代店主で松本民芸館を創設した丸山太郎。倉敷や鳥取もそうですが、美し... Read More

美しいスプーン

鎌倉もやい工藝でずっと気になっていたスプーンを買いました。 シンプルなスプーンですが、見れば見るほどその美しさにため息が出ます。 愛知県常滑の原口潔さんが真鍮を叩いて作ったもの。叩いた跡に手仕事の温... Read More

秋の味覚

春と夏は外を走ったり、海に行ったりと家から出ることが多いのに、秋になると急に部屋が恋しくなります。巣篭もり本能のようなものが人間にもあるのでしょうか。 急にお菓子を作ってみたり、苦手な繕い物をしてみた... Read More

引越し

先週オフィスの移転がありました。 moyaisとしては2度目のお引越し。器を全部梱包するのは大変ですが、心機一転また新しいスタートができるのは嬉しいです。 新しいお部屋からは大きな空が見渡せて、日当... Read More

うつわを継ぐ

我が家では、割れたり欠けたりしたうつわを保管し、いくつかたまると修理に出します。 金継ぎが一般的ですが、日用雑器として使うものにあまりお金をかけたくないので、ほとんどは色漆で修理してもらいます。 や... Read More

柳瀬朝夫さんのそばがき碗

上の写真は数年前にmoyaisに入荷した小鹿田焼・柳瀬朝夫窯のそばがき碗です。 そばがき碗とはその名の通り、「そばがき」を食べるための器です。「そばがき」はそば粉とお湯を練り混ぜたお団子状のもの。生醤... Read More

タッカンマリ

夕食に韓国の「辛くない鍋」、タッカンマリを作りました。 日本の水炊きに似ている鍋で体がポカポカに温まります。 本来は鶏丸ごと一羽使うのですが、なかなか手にが入らないため今回はブツ切りを使うレシピで作... Read More

「つながる民藝」秘話・うつわ選び編

今月はじまった「つながる民藝」は、地元の人々に愛されるお店の料理を民藝の器にのせて写真を撮り、Instagramで投稿するという企画です。 ほんの一瞬で通り過ぎてしまう写真ですが、公開されるまでは少し... Read More

手作りのお匙

先日アルミの板を伸ばしてお匙を作るワークショップに参加しました。 写真は完成したもの。 最初は一枚のアルミ板。まずアルミ板に鉛筆で自分の作りたい形を描き、金属用のハサミで切ります。簡単に切れると思っ... Read More