イッチンいろいろ

沖縄のやちむんといえば色とりどりのうつわを思い浮かべますが、落ち着いた色合いのものもつくられています。イッチンの器はそのひとつです。 イッチンとは泥漿で器に文様を描くのに用いるスポイトのような道具、も... Read More

沖縄の蓋物

沖縄では陶器の蓋物のことをタラフーといいます。沖縄の食卓では、小さなタラフーに黒砂糖を入れておき、いつでも一口食べられるようにしておくことも多いそうです。様々なサイズがあり、琉球時代からさまざまなもの... Read More

飯碗いろいろ

沖縄では飯碗のことをマカイといいます。マカイの特徴は高台が大きいこと。全体の重心が低く、どっしりとした印象です。 やちむんは重いというイメージがありますが、同じやちむんでも作り手さんによってその薄さは... Read More

2018 沖縄・やちむん展は5/25までです

約1か月開催された、鎌倉・もやい工藝のやちむん展も明日で終了です。年に一度の会が終わってしまうのは少しさみしいですが、今年も多くの作り手さんの元気なやちむんを見ることができる素晴らしい展示でした。 ま... Read More

うつわを継ぐ

我が家では、割れたり欠けたりしたうつわを保管し、いくつかたまると修理に出します。 金継ぎが一般的ですが、日用雑器として使うものにあまりお金をかけたくないので、ほとんどは色漆で修理してもらいます。 や... Read More

もやい工藝 2018 沖縄やちむん展

今年も鎌倉・もやい工藝で行われている沖縄やちむん展を撮影してきました。展示会期中は店内がやちむん一色。その力強さに圧倒されます。 魅力的なものが多すぎて紹介しきれないのですが、目にとまったものを写真で... Read More

やちむんが届きました

沖縄・やちむんの器が届きましたので、ご紹介します。上の写真はフリーカップ。程よいサイズで何にでも使えそうです。 沖縄の伝統的な絵付けがとても上手な作り手さんによるものです。白い化粧土の美しいお皿がたく... Read More

もやい工藝で見たやちむん

昨日鎌倉もやい工藝で見て良いな、と思ったたやちむんをご紹介します。 正面に置かれていたのは蛇の目のない上置きの点打ち皿です。はっきりとした飴色と呉須の色が美しいですね。 大きさも絵付けも様々なお皿... Read More

松田共司さんのうつわ その2

今回もやい工藝に入荷した北窯・松田共司さんのうつわで特に良いな、と感じたのは呉須の色です。 上の写真のマカイ(飯碗)もそうですが、深みのある呉須の色が飴釉と重なってより引き立っています。 こちらも同... Read More

松田共司さんのうつわ その1

鎌倉もやい工藝に入荷した、沖縄・やちむん松田共司さんのうつわを見に行きました。 正面に置かれていたのは大きな按瓶。按瓶は、按司という役職についていた身分の高い人達が、集まりなどで茶や水を入れるための... Read More