磁器の良さを知る・その2

日本を代表する磁器の産地として知られる佐賀県の有田。有田焼は大量の焼き物を海外に輸出した伊万里港の名を取って伊万里焼とも呼ばれます。有田焼の歴史は17世紀のはじめ、豊臣秀吉の時代にさかのぼります。 戦... Read More

磁器の良さを知る

民藝の器、そして民窯というと陶器を思い浮かべます。民藝の精神を残している窯の割合として、陶器のほうが圧倒的に多いことや、民窯の代名詞として語られるのが小鹿田や沖縄の北窯など、陶器の窯であるためかもしれ... Read More

民藝のある食卓

民藝の良さを知る一番いい方法は、美味しいご飯を民藝の器で食べることだと思います。 我が家では季節に一度は人を呼んで、民藝の器で食事する機会をつくるようにしています。持ち寄りパーティーにすればお互いの料... Read More

四角と丸

民藝・手仕事のうつわ、特に磁器に施される染付の四角と丸が好きです。 中田窯の格子と点打ち。手で描かれる四角には鋭さがなく、柔らかい印象があります。ちょっと曲がった部分に人間味が感じられ、高台に引かれた... Read More

平皿いろいろ

「平成30年7月豪雨」により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧をmoyaisスタッフ一同心より願っております。 ちょうど一年前の豪雨により小鹿田焼の窯元がある日田市、小石原焼... Read More

10月の入荷商品(2)

愛媛・砥部焼のお皿が入荷しました。 小皿は二つとも3.5寸ですが形が異なります。写真左側の赤笹小皿は縁の外側に丸みと厚みがあります。右側の三ツ葉小皿は縁の外側が段付きになっており、角張っています。それ... Read More

最近入荷したもの

自分で選んで仕入れたものはどれも愛おしく、全部ブログでご紹介したいのですがなかなかそうもいかないので、今回特におすすめしたい新入荷の器をご紹介します。小鹿田焼、砥部焼、森山窯。どれも異なる産地のまった... Read More

もやい工藝に行きました

先日もやい工藝にお邪魔しました。 上の写真は涼やかな磁器と青い器。蒸し暑いこの季節、磁器のそばちょこで冷たいお蕎麦やそうめんを食べたくなります。 moyaisにも砥部焼のそばちょことお皿が入荷したばか... Read More

6月の入荷予定(2)

引き続き入荷予定の商品をご紹介します。 上の写真は、本日オンラインショップに掲載されました愛媛県砥部焼のバターケースです。呉須と赤の絵付けに温かみがあります。ケース自体も角張っており、模様も幾何学模様... Read More

春色のうつわ、いろいろ (番外編)。

今日は緑、青色以外の春らしい器をご紹介します。 中田窯というと土味のある絵付けの蕎麦猪口やお皿など、可愛らしい印象が強いですが、こちらはイッチンで模様が入った青味のある凛々しい白磁です。 内側にも... Read More